安曇川流域・森と家づくりの会のメンバーによるコラムです。


by mori-ie

カテゴリ:WS日記( 2 )

地域の木で、造り手と住まい手が共に造った木の家の魅力が、少しでも多くの方にお伝えしいしたいと開催させていただきました見学会には、たくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございました。ご主人自ら家の説明資料を作っていただき、案内役までしていただいたり、奥様が私たちと出会えたことが良かったと来場された皆さんの前でお話になられたことが、本当に嬉しく印象に残っています。
d0049056_9105949.jpg

住まい手さんにあとから聞いたお話ですが、来場されたかたが驚嘆の声を上げられるたび、心のなかで”ガッツポーズ”をされていたとか。。。2日間にわたり見学会にご協力いただき感謝申し上げます。
[PR]
by mori-ie | 2006-04-23 23:10 | WS日記
d0049056_22375098.jpg2月11日 「家の木組み見学と薪ストーブのある暮らし体験」を開催しました。参加者60名と、たくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございました。
今回の企画は、先月下旬に上棟させていただいた家の木組み見学と2月で寒いので少し場所を変えて薪ストーブの体験という内容でした。

現在建築中の木組みの見学会場では、設計者より家の概要説明と特に”地震に強い家づくりとは”ということで、お話をさせていただきました。現在求められている耐震基準を満たすだけでなく、余裕を持った設計の必要性や地元の気候風土にあった木材を使い長持ちする住まいをつくるために、山から家までの家づくりに携わる私たちの連携こそ今求められることではないかと思います。参加者の方は杉や檜でつくられた家の木組みに見入っておられました。

d0049056_22381013.jpg薪ストーブ暮らし体験会場では実際に薪ストーブをお使いの、会のメンバーである清水さんよりその魅力や楽しみ方、どのくらい費用がかかるのか、日頃のメンテナンスのことなど詳しくお話していただきました。また、薪ストーブは良いのはもちろん、薪を集めることが楽しみになるといっておられ、本当に楽しそうだなーと感じました。
実際に薪ストーブの炎を見ながら聞いていると私もそういう暮らしがしたいと思われたかたがいらしたのではないでしょうか。

森と家づくりの会では、薪ストーブ仲間を増やそうと、ひそかに計画しています。

参加者の声
[PR]
by mori-ie | 2006-02-12 22:36 | WS日記